突然片耳が難聴になった話。【ぬか喜び?の通院2回目編】


病院に行き「突発性難聴の疑いがある」という診断がつきお薬を貰いました。
3食後にお薬を飲まなければいけない為、ちゃんとした時間に食事をとる様にがんばらないと・・・(当然といえば当然なんですけどね・・・)

回復してる!?2回目の診察日

とりあえず、病院には週2のペースで通うことになりました。
3日薬を飲んだけど、相変わらず音はビヨンビヨンしてるし低音は聞こえにくいくせに響くし耳鳴りが酷いしで暮らしにくい状況。
極力人と話をしなくてもすむ様に生活していましたが、それでも音は中々避けて通れませんからね。

それでも騙し騙し生活していた4日目の早朝。
なぜか早く目が覚めてしまったので洗濯物を干していたら・・・なんだか妙に音がクリア?
「え、ウソ治ってる!?」と急いでパソコンの前へ。

音楽を流してみると・・・まだ低音はビリビリ音割れのような音が聞こえますが、音程のずれがなくなってる!!
不協和音がなくなっただけでこんなに音って聴きやすいんだ!と感動しました。
安心したのか再び眠気が来たので、時間も早かったし二度寝をしました。

一時間ほど寝たあとに起きたら、音の聞こえ方は以前よりましになりましたが音程のずれは復活していました・・・(´;ω;`)
そして音はビリビリビヨヨヨーンって感じです。
なんで・・・どーして・・・寝たのが悪かったの・・・?
という感じで脱力しつつネガティブが入ってしまいました。

今から考えれば「眠ったから元に戻った」のではなく、たまたま一時的に良い状況であったことと交通量が少ない早朝であったことから不快に感じる聴覚的要素が薄かったのだと思います。もしくはただの夢だったとか寝ぼけてたとか
だけど、あのときの自分には余裕がありませんでした。

そして診察へ

一旦回復を実感するような出来事があった後、また聞こえなくなってしまったショックを引きずったまま病院へ。
調子はどう?という趣旨の軽い問診に、今日の朝は調子が良かったんですけど・・・と受け答え、左耳の聴力のみ検査することになりました。

ちなみに今回は骨導はなく、普通にヘッドホンから音が出る気導の検査のみでした。原因が内耳なことがはっきりしたからですかね。
機械を操作するお姉さんの動きが視界に入らないように努力しつつ、検査をうけました。笑

先生のところへ行って検査の結果を見せてもらうと、少しだけ低音部の結果が良くなっていました。
数値で言うと30dbくらい。って言われても一体どれくらいやねん?って感じですが、一般的に30db以上だと軽度難聴の範囲に入るのだそうで、「普通の会話がやっと聞き取れる」というのが目安なのだそう。(参考:聴覚障害の基礎知識)
ちなみに初診時には40dbだったので数値上は10db上がっていました。

先生「良くなっていますね。突発性難聴であればこのまま聴こえてくる可能性が高いですからこのままお薬を飲んで様子を見ましょう。
ステロイドのプレドニンは1回3錠から2錠に減らしておきますね。」

そうか・・・突発性難聴は徐々に悪くなるという病気ではないんだから、悪化する可能性は低い。
朝の出来事もきちんと音を認識する神経がまだ活動している証拠なんだと思えば・・・!
とちょっと無理やりながら先生の言葉に勇気付けられてポジティブ思考に持っていけるようにがんばりました。

薬局で再び凹む

前回とほぼ同じ、毎食後のアデホスコーワ顆粒10%、メコバラミン錠0.5mg、レバミピド錠100mgと朝晩3錠から2錠になったプレドニン錠5mgを貰いに薬局へ向かいました。
その日は前回行った薬局がお休みだった為、某チェーン店の中にある薬局で調剤してもらうことにしました。

初めての薬局なので、病名や持病アレルギーの有無などを記入し、処方箋とお薬手帳を出してしばらくすると名前を呼ばれカウンターへ向かいました。

薬剤師「突発性難聴ですか?」
私  「はい。」
薬剤師「何か、きっかけとかあったんですか?」
私  「いえ・・・。」
薬剤師「そうなんですね!若いのに大変ですねぇー。あれって朝突然なるもんなんですか?」

えっと・・・話、長くなりますかね。( ˙-˙ )
ちょっと今耳が聞こえにくくて話すのが大変な上に正直(今日は一人モードなんだよ・・・←ときメモGS2針谷風に)という心境だった私はちょっと辛かったです。

前回の薬局の薬剤師さんは病名を記入しただけで後は事務的な感じだったのになぁ、まぁお仕事だもんね、仕方ないよねと思います。
思いますが・・・。。。
病気の受け止め方は人それぞれなので、もう少し病気初心者に配慮した接客をお願いします・・・( ノω-、)
せめて耳の病気の人には雑談をいれずにシンプルな受け答えを何卒何卒・・・。

ネガティブが入ってる日は全てを悪く受け止めてしまうわー、良くないわーと思い知った一日でした。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする