突然片耳が難聴になった話。【6回目受診、そして現在。】


突然片耳が難聴になった為突発性難聴疑いと診断されたものの、症状に波があることからメニエール病疑いと診断されました。
発症から1ヶ月弱投薬治療し、聴覚がほぼ回復しました。
突発性難聴であればここで完治となるところですが、メニエールであれば繰り返す可能性があるということでイソバイドを服薬しながら経過観察をする事になりました。

6回目の受診

幸いにも、聴覚は相変わらずたまに耳鳴りはしますが聞こえは変化が無いまま2週間ぶりの受診日を迎えました。
聴力検査は前回とほぼほぼ変わらず。
今回からお薬は処方せず、前回のイソバイドの余りを頓服として飲んでねと言うことになりました。
実質治療完了というところでしょうか。

気になること

聴力も回復して、定期的に飲むお薬も無くなって気持ち的にはとても軽くなりました。

ただ、とても気がかりなことが2つ。

1つ目は、眩暈の症状が出ているような気がするんですよね・・・。
頻度は高くないですし、戻すような強烈なものでもありません。
「貧血なだけだよ」といわれれば「そうかー」で済むような程度。

ただ、一度割りと強烈目なのが来たときには歩道の幅一杯を使って蛇行して歩くので精一杯・・・よぼよぼおよよよ・・・というときがあったのでちょっと怖いな・・・と思っています。
その時のメモの時間(アプリはこういう記録が残るのが便利です!)と気圧配置的に、低気圧の影響ってヤツな気がするんですよねー。
もちろんこの件について、先生にちゃんとお話したのですが・・・うーんあまり詳しくは聞いていただけなかったように感じました。
眩暈は専門ではないのか、回転性で無いからなのか・・・。

2つ目は、右耳の高音がおかしかった時が2度ほどありました。
聴力が戻ってから、やったー!と趣味の一人カラオケに行ったんです。
一応耳をいたわろうと音量小さめで。
でも、女性ボーカルの歌でハイトーンを出したら右耳だけ音割れ!
なんでっ!耳がおかしいのは左だったはずでは・・・。。。と怯えてその後は男性ボーカルの曲しか歌えませんでしたとさ。
っていうか、マイク無しでも自分の声の高音部がビリビリしていて聞き取りにくくて・・・。

カラオケはちょっと時期尚早だったのかもしれないです。
だけど、自分のストレス解消方といえばコレだったので、どうしても行きたかったんです。

というか、カラオケ行く前から夜中になると高音の耳鳴りがしていたんですよね。
高音はこれまでもそれなりにあったので気にしていなかったのですが・・・ちょっと怖いです。
メニエールについて調べているうちに

早期は、低音障害の軽快(正常聴力)と再発をくり返し、ある時から高音の障害をともなうようになり、全音域の障害へと進行します(下図)。一側の難聴が高度に進行すると、聴力の良かった他側の耳にも発症する厄介な病気です。

めまいメニエール病センターより

なんていう恐ろしい文章も見つけてしまって戦慄しております。

相変わらず、症状によって感情がブンブン振り回されています。
良くないなー!と思いつつ、それはもう仕方の無いことなのだと諦めようかなとも思っています。
そう思うことがまたストレスになってたりして不毛だなぁと思うので。

転院も視野に

今受診しているクリニックにお世話になっているのは、以前に受診したことがあったのと近所であるという理由です。
その都度処方していただいたお薬について検索して、大きな病院と相違ない処方だったこともあり納得して通っていました。
また聴力が低下した場合や持病の喘息が出た場合には、再びお世話になると思います。

ただ、眩暈の症状が出たり、今回のような音の歪みが再び出た場合には、専門の先生がいらっしゃったり検査器具が整っている病院にかかるかもしれません。
やはりそのあたりの検査がないというのは、不安に感じるからです。

まだ色々思うところがあり、検討中ではありますが・・・。
っていうか転院ってどうしたらいいんでしょうね?
一度症状が治まってしまってからなら勝手にそのまましていいの?

まぁ一番はこのまま症状がおさまっていてくれることなんですけどね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする