【雑記】メニエール気質について。


メニエール病は、原因が不明とされながらも発展途上国での発病が少ないことなどから「ストレス病」というイメージがあります。
そして、メニエール病にかかり易い人の特徴を「メニエール気質」なんて言葉で表す事も有るそうです。
その気質についてや、私は当てはまっているのか?などについて触れてみたいと思います。

メニエール気質には何があるのか?

①ストレスが溜まりやすい
②神経質で些細なこと気になる
③疲れが溜まっている
④充分な睡眠を取っていない
⑤物事にこだわりのあるタイプ
耳鳴りと難聴より

性格が、几帳面・まじめ・完璧主義・敏感・物事にこだわる・・・といった性格のことをメニエール気質といい、メニエール病にかかりやすいといわれています。
赤岩治療院より

メニエール病患者には「嫌なことがあっても我慢する」「周囲の目が気になる」「期待に添うように頑張る」といった自己を抑制する傾向も強くみられます。
ミナカラより

ふむふむ。
どうやら「真面目でストレスを溜め込み易い人」で「疲れがたまっている」且つ「周りの目を気にするいい子ちゃんタイプ」っていう感じみたいですね。
まぁ、ストレスが原因とするなら当たり前っちゃ当たり前の傾向な気もします。
疲れていなくて、不真面目で、周りの目なんて全然気にしないヨー!!って人に比べればそりゃストレスが溜まりますよね。

自己分析

複数引用しているので、自分なりに診断がし易いようにまとめてみました。

1.神経質である
2.几帳面である
3.まじめである
4.完ぺき主義
5.周囲の目が気になる
6.疲れが溜まっている
7.不眠傾向がある
8.ストレスが溜まっている

こんな感じでどうでしょう??
さてさて!では以下自己採点です。

1.神経質である→×
2.几帳面である→×
3.まじめである→○ 変なところで真面目。
4.完ぺき主義→△ 完璧に出来ないからどうでもいいんだと思ってしまう節はあります。
5.周囲の目が気になる→◎
6.疲れが溜まっている→△ 発症当時、丁度繁忙期から抜けた時でした。どちらとも言い難い。
7.不眠傾向がある→○ 繁忙期は短かったけど、それ以降は睡眠時間は長かった。けど細切れで質は微妙かも。
8.ストレスが溜まっている→△ 繁忙期は凄かったけど、抜けた後だったので・・・?

集計!
全8問、◎→1、○→2、△→3、×→2
うーん、微妙!

と、いうか。こういう項目に一個も当てはまらない人なんてそう居ないと思うんですよ。
でも、変に真面目で気にしいな所って言うのは確かにあると思うので「どちらかと言うとそういう気質である」といえなくも無いかもしれません。
他人から見てどうかは知りませんが。

ただ、ストレスの内容に関する傾向で以下のような記述がありました。

メニエール病患者は「自分の健康」や「自分に対する周囲の評価」「子供の将来」など、自分やとりわけ身近な人がストレスの原因であることが分かりました。
ちなみに患者ではない人達は「長時間の残業」や「職場の人間関係」「解雇や転職の可能性」など労働環境が原因の多数を占めます。
メニエール病患者には人間関係や労働環境を受け入れる傾向が強くあるようです。
その一方でメニエール病患者には「嫌なことがあっても我慢する」「周囲の目が気になる」「期待に添うように頑張る」といった自己を抑制する傾向も強くみられます。
ミナカラより

ちょっと長く引用してしまいましたが、この部分に関してはどんぴしゃで当たっています。
人間関係に関して悩むことは勿論ありますが、どちらかと言うとうまくやって行けない自分にストレスを感じるという方向に向きやすいんです。

たまには無責任になろう

病気になりやすい特徴を性格面からまとめて「メニエール気質」なんて言葉でひっくるめられてしまうと、なんだか自分が悪いと言われたように感じてしまいます。
あくまでも「なりやすい性格」であって「原因」ではないはずなのですけどね。

だって、それが直接的な原因ならもっともっとメニエール病人口って多いと思うんですよ。
しかも「日本人には『みなさんはもう飛び込みましたよ』と言えば飛び込む」というエスニックジョークがある位ですから、日本人はもっと多いはずじゃないんですかね?参考:wikipediaエスニックジョーク

だけど、現実はそうでもない。
だからこそ、周りが無理解だったり、誤解される事に傷ついたりするわけじゃないですか。

かなーりちゃらんぽらんに生きてきた私ですらそうなんだから、真面目な人ほどストレスは大きいはずです。
いっその事、治療記間だけでもストレスの原因を投げ出してしまうのも有りじゃないでしょうか。

勿論、投げ出せるものとそうじゃないものがあると思いますが少しだけ楽をしてみてもいいと思うんです。
いつもより少しだけ人を頼りにしてみるとか。
いつもより少しだけ手を抜いてみるとか。

真面目な性格を持つ人なら「体は元気なのに、そんなことしていいのかな」と、迷ったりするかもしれません。
だけど「治療の為なんだ」という理由を持って、ストレスの原因を減らしてみる事が必要な時期なのかも知れません。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする