2017年11月一覧

【バギオ留学記】フィリピン留学をしているよって話。

台湾旅行記更新中ですが、いったん休止して現在の話を書こうと思います。

実は、現在メニエールになる前から計画して申し込んでいたフィリピン留学に来ています。
期間は3か月で今1か月終了したところ。
場所はバギオ
フィリピン留学といえばセブという印象を持つ方が多いのではないでしょうか。
バギオ留学は結構マイナーな方だと思います。
自分の場合は、出発前に「フィリピンのバギオに留学してくる」と伝えても全員が「どこなんだそこは…」という反応でした。笑

バギオは山の中にあります。

なぜバギオ留学なのか?

自分も最初はセブ留学を考えていました。
しかし、メジャーな場所だけに真面目に勉強しよう!という生徒以外も来るんですよね。
自分は基本的に自己管理が苦手なダメ人間なので(笑)真面目な生徒が多い学校を調べた結果、バギオが浮かび上がってきました。
空港から時間がかかるし、綺麗なビーチもないし、基本的には学校内では英語しかしゃべれない(例外はあり)って絶対真面目な生徒が多いでしょう!
しかも、涼しいのでクーラーいらず、治安も良くてタクシーにもぼったくられない。
バギオ、最高じゃないか…。ということで留学を決意しました♪

そもそも、なんでフィリピンなの?

どうしてフィリピンなのか?という点に関しては、完全に値段です!
アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアなどの英語圏への留学と比べると約半額と言われています。
加えて、フィリピンの学校では全寮制で食事がついてくるのが主流ですが、他の国ではホームステイか自分で食事を用意するというのがほとんどです。
それも経験になるし、英語力を鍛える機会になるんだろうなぁーとも思いますが、勉強だけに集中できる環境というのはありがたいなと思います。
しかも、自分の学校の場合はランドリーサービスに出せば洗濯物も綺麗に畳んで返ってくるし、掃除やシーツ交換も申請すれば無料でやってくれます。
一人暮らし経験者ならこのありがたさがわかるはず!!

そして、授業はグループでも2~4人程度の人数で半分はマンツーマン授業です。
最初からガンガンしゃべれるよ!って人は大人数でも構わないのかもしれませんが、初心者にはやっぱり少人数がいいと思う。
体感98%位アジア人だけど、それでも日本人以外は積極的に話すなぁって思うので最初から欧米だと自分はしゃべれなかったと思うなぁ…。

そんなこんなで、バギオ留学生活を満喫中です。
平日は勉強詰めですが、土日や留学後にまた詳しい情報を書いて共有できたらなーと思います。


スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大