2018年01月一覧

【バギオ留学記】持って行ったほうがいい物!


留学に行くとき、荷物について不安が絶えないですよね。
実際私も出発当日まで買い足したりしました。
この記事ではフィリピンのバギオに留学した私の経験を元に、オススメの持ち物を書きたいと思います。

必須のもの

・パスポート
有効期限は余裕を持って用意しましょう、私は現地で留学期間を一ヶ月延長しました!
・航空券
往復がベストですが、延長したり予定を変更する可能性のあるひとは第3国に出国する航空券(いわゆる捨てチケット)でも入国は出来ます。
おすすめはコタキナバル行き、安いしもし本当に行くことになっても楽しめそう。
・滞在先資料
入国カードに記載します。印刷したりスマホにデータを入れておきましょう。
・現金
初期納入金とATMの限度額の兼ね合いで最初は3~5万はあったほうがいいと思います。
カードトラブル等で引き出せない生徒も何人か見受けられましたので少し多めに有ると安心かもしれません。
・クレジットカード/海外キャッシュカード
一ヶ月程度なら現金だけでもどうにかなるかもしれませんが、有るととても便利。
ただあまり持ち出すのはオススメしません。

個人的にオススメな物

【衣服】
・Tシャツ:長袖、半そで合わせて5枚程度
・ズボン:2本で十分でした
・下着:5~6セット
・靴下:4足~5足
・上着(パーカー/カーディガンなど):2~3着
・ライトダウン的なもの:バギオ寒いです、あると便利!
・靴:合わせやすいスニーカーと学内用のサンダル。
個人的にはクロックスもどきを持って行って重宝しましたが大体皆ナイトマーケットとかで買ってましたね。
寒い日も多いのでビーサンよりも靴下履いてもいけるサンダルがいいかなと思います。。
ただ、バギオ服が安いです!
特に古着好きさんはセカンドハンドショップやナイトマーケットで一着50円~500円程度で買えるので最初の一週間凌げる程度でも良いと思います。

【勉強用具】
・筆記用具
シャーペン、ボールペン、マーカー、ホチキス、はさみ、消しゴム、クリアファイルなど。
現地調達も可能ですが、シャーペン、消しゴムは質が微妙かも・・・。
ノートやレポート用紙等の紙類は高くて質が悪かったので持って行くと良いと思います。
でも学校によると思いますがそんなに量は必要なかったかな・・・。
地味に油性ペンやカラーペンも帰国する友達に手紙書くときに重宝しました。
消せるボールペン・マーカーは外国人に面白がられたので最後にプレゼントしてきました。
小さなメッセージカードもあれば便利かも。
・参考書
自分の学校の場合は学校から宿題が沢山出るのであまり出来る時間も無かったですが、単語張的なもの(私の場合はDUO3.0)は空き時間にやっていました。

【電子機器】
・ノートパソコン/タブレット
スマホでも事足りますが有ると便利!
特にYOUTUBEのリスニング問題を解く時には大きな画面が◎でした。
・電子辞書
人によりけり。私はスマホの有料アプリで済ませました。発音が聞けるやつがオススメ。オフラインでも使えるのが必須条件です。
・デジタルカメラ
スマホでも事足りますが有ると便利!
・USBメモリ
写真のシェアやリスニングのデータを貰うときなどに便利でした。
・各種充電器
うっかり忘れると探すのが大変です。

【日用品】
・薬
鎮痛剤、下痢止めは必須かなと思います。
後は個人によりますが風邪薬、鼻炎薬等有ればいいかも。
・目薬
フィリピンでは目薬をさす習慣はありません。
必要な人は持参しましょう。
・洗面具
歯ブラシはヘッドが無駄に大きい!嵩張らないので何個か持参するとよし。
歯磨き粉・コップもあると便利だと思います。
・タオル、ハンドタオル
あまり安くは無いのでスーツケースに空きが有れば持っていきましょう。
自分の場合バスタオル×1、スポーツタオル×3、ハンドタオル×2持って行き十分でしたが髪の長さや好みに合わせて調節しましょう。
・爪切り
忘れがち。どうせ持っているのなら持っていきましょう。
・日焼け止め
平日は必要ないと思いますが、土日用に一本は持って行きましょう。
日本製は高く、現地製は伸びが悪かったです。
・化粧水
なぜかあまり見かけなかった・・・乳液は普通に売っていましたが余裕をみて持って行ったほうが良いでしょう。
・マスク
特にジプニーの排気ガスは真っ黒です。
学内で風邪が流行しているときなどの感染予防にも。
・トイレットペーパー/ポケットティッシュ
基本的にトイレットペーパーは持参するものです。
最初の1ロールと持ち歩きようのティッシュがあると便利。
・ソーイングセット
持っているなら入れておくと良いかも。こちらでは見かけませんでした。
・洗濯ばさみ
自分の学校ではハンガーは貸し出し有りでしたが、無い場合はハンガーも。
洗濯ばさみを持参すると下着や靴下が干せて便利。
・洗濯ネット
忘れがちですがあると便利です、特に女性。

【その他】
・折り畳み傘
雨季のバギオでは必須。
・ペソ用の財布
100均の小物入れを使用しました。
現地でもかわいいのが売っているので現地調達でも。
・ショルダーバッグ
携帯・財布・ハンカチ・トイレットペーパー・水が入る位の小さなものがあると便利です。
・ウォーターボトル
基本的にウォーターサーバーが学校内にあります。
普通に町でも売っていますが保温できるものは高いかも・・・。
・モバイルバッテリー
週末に小旅行などする際便利です。
・スマートフォン防水ケース
海や川に行く予定のある方は持っていきましょう。
カメラなど用にジップロックもあると便利!
・腕時計
携帯のバッテリーが切れて一番困るのは時間がチェックできないこと!
門限のある学校の生徒は特に重要。
・食料品
味噌汁、ふりかけ、緑茶はあるとホッとします。
バギオでは野菜を提供する学校も多いので1~2本ドレッシングを持っていくのもオススメ。
なぜか台湾人・ベトナム人は異常にインスタント麺を持ってきていた…荷物に余裕があれば交換したりするのも楽しいかも?
SMモール等スーパーにも売っていますが基本2倍程度値が張ります。
・箸、スプーン
カップ麺等食べる時に便利です。
・ちょっとした日本のお菓子
お土産用。特に去るときにちょっと渡せる小さなものが有ると便利。
日本のチョコとか海苔巻きあられとかキットカットとか・・・。

現地調達でも十分だったもの

・ドライヤー
既に海外対応のものを持っているなら持参でも有りだと思いますが、そうでないなら現地で買ってもいいと思います。
約400ペソで現地購入しましたが四ヶ月間元気に働いてくれました。
・シャンプー/コンディショナー/石鹸
こだわりが無ければ現地のものでも十分だと思います。
重いし・・・。
・生理用品
何個かは持ち込むべきだと思いますが、基本は現地のもので問題ないかと。
・洗剤
私は日本からペットボトルに入れて持参しましたが現地のものでも十分。
小分けのものと大きなサイズが売っているので、学校のランドリーサービスをどれ位使用するのか、滞在期間など考えて購入しましょう。


スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大