【バギオ留学記】留学生の一日

多くのフィリピンへの留学を計画中の方は、初めての留学生活を送ることになるのではないかと思います。
しかも、スパルタ校やセミスパルタ校へのフィリピン留学では平日はほぼ終日学校内で過ごします。
ストレスはたまらないの?困ることはないの?など心配事は多々あるかと思います。
そこで、あくまでも一例では有りますが私の一日を紹介したいと思います。

ESLの場合

6:10~6:25  起床・身支度
6:30~7:00  モーニングクラス(自由参加/発音やイディオムなど)
7:00~8:00  朝食・授業の準備
8:00~8:50  スピーキング(グループクラス)
9:00~9:50  引き続きスピーキングクラス
10:00~10:50 ライティング(グループクラス)
11:00~11:50 プロナンシエーション(グループクラス)
11:50~13:00 昼食・月水金曜日は洗濯物を出しに行く
13:00~13:50 リスニング(マンツーマン)
14:00~14:50 引き続きリスニングクラス
15:00~15:50 リーディング(マンツーマン)
16:00~16:50 ブレイクタイム。曜日によって洗濯物引取りやルームクリーニング立会いなど。
17:00~18:00 先生や生徒と話したり、宿題をする。たまにお菓子などを買いに向かいの店に行く事も…(一日一回30分までなら外出可能)
(↑希望者はこの時間に文法クラスを取れる。)
18:00~19:00 夕食
19:00~23:00 主にラウンジで宿題や自習。たまにバスケットコートでケイドロのような遊びを皆でする事も。
23:00~24:00 シャワー、身支度。
24:00     就寝

IELTSの場合

6:10~6:25  起床・身支度
6:30~7:00  モーニングクラス(自由参加/発音やイディオムなど)
7:00~8:00  朝食・授業の準備
8:00~8:50  選択マンツーマン(ライティングタスク1)
9:00~9:50  ライティングタスク1(グループクラス)
10:00~10:50 リーディング(グループクラス)
11:00~11:50 選択マンツーマン(ライティングタスク2)
11:50~13:00 昼食・月水金曜日は洗濯物を出しに行く
13:00~13:50 ライティングタスク2(グループクラス)
14:00~14:50 選択マンツーマン(スピーキング)
15:00~15:50 スピーキング(グループクラス)
16:00~16:50 リスニング(グループクラス)
16:50~18:00 洗濯物引取り、宿題等。週に2・3度は疲れ果てて仮眠。
18:00~19:00 夕食
19:00~23:00 主にラウンジで宿題や自習。
23:00~24:00 シャワー、身支度。
24:00     就寝

2つのコースの違い

これはあくまで一例で、毎ターム時間割は変わります。
ESLでは2時間続きの授業(スピーキングとリスニング)が有ることと、IELTSコースではブレイクタイムが無く朝から夕方まで授業が全部入っていることが違いとして上げられます。
また、ESLでは全ての科目があらかじめ決まっていましたがIELTSでは3コマあるマンツーマンの科目を自分で選ぶことが出来ます。
大抵の生徒はライティングとスピーキングを選んでいましたが、3つともリスニング!とかライティング!という苦手や得意なところにフォーカスする選び方をする人も居ました。
ただし、スピーキング・リスニングは宿題が少なく、リーディング・ライティングは宿題が多い傾向にあったため(マンツーマンは先生にもよりますがリクエストすることは出来ます)全部ライティングの人はちょっとかなり大変そうでした・・・。
基本的に、グループクラスのライティングは1日1つ、もしくは2日に1つはエッセイの宿題が出るので、特にテーマが重いタスク2の宿題を何個も抱えると頭がパンクしそうでした。笑
毎日「死刑についてどう思うか」とか「仕事には給与の金額とやりがいどちらが大切か」とかを英語で作文書くわけですから・・・楽しいし勉強になるけれど大変です。
日本語ではある程度大学の課題などでかなりの量の文章を書いていたので文章を書くこと自体はなれていたのですが、社会的な課題が多く自分の専門とは全く違う事もあり苦戦していました。
友達にアイディアを求める事も・・・。
また、文章内で同じ単語を使わない方が良い(Butばかり使うんじゃなくてHowever、Yetなども使うとかね)と言うことでボキャブラリーもかなり鍛えられました。
でも日本だとライティング対策の添削してもらえる場所も少なければ値段も高いですのでここでライティング対策を目一杯しておくのはオススメ!
スピーキングでも社会的なテーマの質問が多かったので、ライティングの短時間で文章を作る練習や語彙力を増やす練習は役に立っていたと思います。
また、宿題についてもESLでも一科目多い時でテキスト4ページほど出されたりするし、エッセイの内容もIELTSとは違った意味で(自分の思い出とか国についてとかを習った文法を織り込んで書くとか)大変なので、私の場合は早く終わっても21時位になることが多かったです。
その後に単語の復習をしたり、日本語参考書で文法の勉強をしたりすると大抵遅い時間。
本当は夕食後に勉強系やスポーツ系のナイトクラスを取れたりもして、それも楽しみにしていたのですが、私には取れる余裕が無かったです…。
その代わり、欠席してもペナルティがないモーニングクラスに継続的に出席していました。
主にイディオム(英語のことわざや四文字熟語的な)の授業ですがある程度生徒のリクエストに応えてくれますし、イディオムもスピーキングの試験では使えますし、何より早く起きて朝食を食べて最初の授業に備えると言う生活リズムはとても理想的だったと思います。

週末の楽しみ方

実はもう一つESLとIELTSでの大きな違いがあります。
ESLは基本的にターム終わり(4週目)の金曜日は午前まで試験で午後からは卒業パーティーになるということ以外は上記のスケジュールなのですが、資格コースは毎週金曜はモックテストの日なのです。
TOEICでは午前・午後それぞれ一回分ずつ、IELTSでは午前中が筆記テスト、午後にスピーキングテストと筆記の解説指導という形でした。
また、ビジネスコースも金曜日はプレゼンの日になっていたようです。
本番同様の形式で行いスコアも出るため特に金曜の方が楽になるというわけではないのですが、他の曜日に比べて時間的余裕はありました。

そして金曜、土曜は門限が24時まで!平日は缶詰になって勉強しているので買い物や食事や飲み、たまには旅行にも出かけてストレス発散をするのが定番でした。
ただしもちろん週末でも宿題はありますし、資格コースの人はモックテストの復習もしなければなりません。
土日の日中や日曜の夜などにはどこかしらの時間には必ず皆勉強をしていました。。。
それでも、平日授業をぎゅうぎゅうに詰め込まれている生徒たちにとっては息抜きも勉強の効率を上げるために必要なことの一つだと思います。
ESLももちろん週末を満喫しますが、資格対策コースやビジネスコース受講生にとって週単位でのメリハリをつけるために金曜までしっかり取り組み、成果を確認し週末の過ごし方を決めるというプロセスは重要なことではないでしょうか。

遊ば(べ)ないという週末の過ごし方も

因みに、平日に授業を休んだりEOPを破って見つかったりetc…などのペナルティを貰った人は折角の週末ですが予約を入れてセルフスタディをしなければなりません。
まぁ皆結局勉強をするわけで短時間ならそう問題でもないとんですけど、かなり長時間のペナルティを貰っている人もチラホラ・・・。
中には、最終的に卒業時にお金で払うからいいという人も・・・。
私もちょこちょこペナルティを貰うことがありましたが、どうせ勉強はするんだしお金では払いたくない!と頑張って消化しました。
長期間居たので最後は何が何でも目標スコア出してやる!っていうのとバギオの外出スポットも行きつくした感があって勉強するしかないっていうのもあってペナルティがなくても勉強に打ち込んでいました。
きっとセブなら遊んではないかと思うので、そこもバギオを留学の場所に選んでよかったかなと思う一つの要素です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする