【AU保育留学】メルボルンを選んだ理由

留学すると決めたはいいものの、どこの国でどこの都市に留学すればいいのか迷う方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
私はものすごーく迷いました。
たぶん、よっぽどのことがない限りどこを選んでもそこそこ努力すれば楽しむことができるのではないかと思いますが、私の場合はどのように選んだのかを書いてみたいと思います。

どこの国?

留学だけで考えている場合、英語圏の様々な国が選択肢としてあがってくるかと思います。
ただ、留学後に働いてみたいなと考えている場合、そして18~20代の方にはオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランドが英語圏でワーキングホリデービザを備えているので比較的容易に計画が立てられると思います。
私はカナダかオーストラリアへ行きたいという思いが強くあったので、その二か国に絞って考えていました。
カナダを考えていた理由はアメリカンイングリッシュであることとアメリカにも旅行しやすい場所であること。日本での教育も、フィリピンの英語も基本はアメリカンイングリッシュなのでなじみやすいと思っていたからです。マイナス要素だったのは日本との時差がかかり、航空券も高いこと。
オーストラリアを考えていた理由はほかの国と比べてもワーキングホリデービザの発給が日本人にとっては簡単であること、航空券が安く時差も少ないので日本との行き来や連絡が簡単であること、時給が高額であること。逆にマイナスだったのは英語になまりがあると聞くこと、紫外線が強いこと、物価が高いこと。
長く住むと大事だろう気候はどちらも大きな国なので都市によってくるということで国を選ぶ段階ではあまり考えていませんでした。
最終的に私にとって決定打になったのは資格について。
オーストラリアで保育の資格を取った場合、基本的にはどこの州でも使うことができます。また、一番基礎のCertificate 3でもすべての年齢をケアすることが可能です。
カナダの保育の資格は、州ごとで決まっており移動して使いたい場合書き換えが必要になってきます。そして基礎的なECEA(Early Childhood Educator Assistant)やその上位資格ECE(Early Childhood Educator)では3歳未満の子供を教育することができず、更新も必要です。
卒業後、ワーキングホリデービザで働くことを考えた場合、移動することも考えられますし私は3歳以下の保育にもとても興味があったのでオーストラリアに行くことを決意しました。

どこの都市?

オーストラリアの都市といえばシドニー、メルボルン、キャンベラ、ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ、パースあたりになるでしょうか。
しかしそもそもの情報量が少ない保育留学、しかもCertificate 3 単体のコースはさらに少なくなるらしく私はエージェントとインターネットを駆使してなんとかシドニー、メルボルン、ゴールドコースト、ケアンズの学校の情報を集めました。
見知らぬ地に行くのにどこの都市がいいのか決めるのはなかなか簡単ではなくて、考えて考えて…。。。
ケアンズは暑いから嫌だな、アルバイトをするなら大きい都市がいいな、じゃあシドニーかメルボルンかな…。でもシドニーのTAFEに必要なIELTSスコアは少し高めだし、経験談を見ると留学生クラスがあるくらい人数が多いみたいだなぁ…。。。
なにより、家賃が高い!無理!!
よしっメルボルンにしよう!!
アートが有名だし!バスキングも見てみたいし!!
という感じで勢いとフィーリングで決定したのでした。
私立の学校も最後まで迷ったのですが、カナダを調べていた時にこの学校いいな、と思っていた学校が急につぶれてしまい…留学中に露頭には迷いたくない!!というのと留学生比率でTAFEを選ぶことにしました。

さいごに

結局、どこの都市にするのがいいのかということに答えはありません。
学校運営と先生さえしっかりしていれば、その期にどんな生徒が来るのか、どんな生活になるのかというのはすべて運と自分次第になってしまうのでそこは選びようがありません。
ある程度の要素を絞って情報を集めた上でならどこを気に入ったかで選んでよいと私は思います。
滞在中シドニーへ旅行もしましたが、私はメルボルンのほうが肌に合うかな…シティ中心部が苦手なだけかもしれませんが。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする