Archives一覧

【無理なくできる!】おうちでできる英語学習法

みなさんこんにちは!
学校や習い事に行けなかったり、海外渡航も難しかったり、試験自体も中止になってしまったり、語学学習のモチベーションを保つのが難しい日々が続いていますね。
私も、留学で得た語学力を少しでも維持したい!!と最初は頑張っていましたが、最近は頑張るより楽しくできる勉強法にシフトしてきました。
そんなゆるい英語法をまとめてみようと思います。

アプリ編

アプリのいいところは、隙間時間やベットでだらだらしながらでも気軽にできるところ!
今回は三つのアプリを紹介しようと思います。

まず1つ目はパワフル英単語!
残念ながらこちらはAndroidのみのアプリなのですが、iphoneでも探せば類似アプリがあるんじゃないかな?と思います。
クイズ形式でポチポチ英語の意味を答えていくアプリです。
レベル設定がTOEICや学年で設定できるし、何回正解でマークをつけるかなど細かい設定ができるところが魅力です。
音声再生もできるので、発音の確認にもなります。
ただ、あくまでも単語学習のアプリなので例文などは出ないので自分で調べたり文章を作ってみるとさらに効果的だと思います。
一か月とか三か月単位で一日どれくらいやったかグラフが出せるのでモチベーションになります。

パワフル英単語10000~大学、TOEIC受験におすすめ

パワフル英単語10000~大学、TOEIC受験におすすめ

Kotti Software無料posted withアプリーチ

2つ目はword scapesというパズルアプリ!
これは暇つぶしに持って来いで、提示された5~6文字程度のアルファベットをつないで単語を作っていくアプリです。
フィリピン留学中に先生に教えられてやってみたんですが、最初は意味も出ないし発音も出ないし意味あるのかなー?と思ったんです。
でも、ある程度時間がたつと英語の単語の構造パターンが身についてスペリングを覚えるのが楽になりました。
もちろん「これ知らないな?」っていう単語があれば、辞書で調べて+αの学習をしていくのも効果的だと思います。
ただ、こんなマニアックな単語…っていうのも出てきたりするので、あくまでパズル感覚で英語と遊ぶ気持ちで取り組むのもいいと思います。

Wordscapes

Wordscapes

PeopleFun, Inc.無料posted withアプリーチ

最後は英語物語!
これは個人的に2年くらいプレイしているめっちゃオススメなアプリです。
英語の問題に答えて相手を倒して、カードを集めて強くしていって…とゲーム性が高いのではまる人はめっちゃはまると思います。
物語が各都道府県を旅していくということで、自然と地理的な知識も身に付きます。これが、海外に出ると案外役に立つ知識だったりすることも!
また、度々オンラインイベントも開催しているので継続の動機づけになります。
それだけでなく、文法・単語を別々にレベル設定できたり復習コンテンツがあるし、TOEIC用問題・センター用問題なんかもあったりしてとにかく種類が豊富。
前日に何問解いたかっていうのをお知らせしてくれるのも◎
もちろん英文音声付きで発音も勉強できる。
ただ、友人のネイティブに見てもらったらちょっと古い・固い表現も含まれているようです。
これは試験自体がそういう英文が多いので仕方ないし、そういう文章も読めるに越したことはないと思うので気にせず遊んでいますが。

英語 ゲーム-英語物語-英語学習アプリ!英単語もえいご勉強アプリで学習

英語 ゲーム-英語物語-英語学習アプリ!英単語もえいご勉強アプリで学習

FreCre, Inc.無料posted withアプリーチ

アニメ編

日本語がうまい外国人の方がたまに「アニメで覚えました」と言っていて、本当に?すごいなーと思っていたのですが、英語学習に使ってみるとなるほどと納得しました。
まず、ドラマに比べて声優さんははっきり話してくれるので聞き取りやすいし、子供向けのものもたくさんあるので初心者にもぴったり。
ここでは私のお気に入りの2作品をあげてみます。

はじめは「リトルチャロ」です。
これはNHKが作成した英語学習用のアニメで、子犬がアメリカで冒険するお話し。
絵柄から子供向けかと思いきや、大人でも十分楽しめるストーリーでした。
ちなみに私は今のところ3周しています。

最初の方は割と簡単な文章が多いんですが後半、特に40話からは結構複雑な表現なんかも出てきます。
でも絵もあるし効果音・ナレーションで捕捉があるので多少わからない単語があっても見られます。
こういう作品は繰り返し視聴すると効果的のようなのですが、一話が短いので繰り返し見ても大きな負担にならないように考えられていると思います。
そろそろ英語音声・英語字幕で何か見てみようかな?という初心者にも、リターン英会話学習者にも、単純に可愛いアニメとしても癒されたい人にもとてもオススメの作品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 リトル・チャロ プレミアム・コレクション 【DVD】
価格:14168円(税込、送料無料) (2020/4/29時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リトル・チャロ Vol.1 ロスト・イン・ニューヨーク [ 純名りさ ]
価格:2682円(税込、送料無料) (2020/4/29時点)

 

もう一つは「Peppa pig」です。
これは、イギリス生まれのブタの家族を中心としたお話です。
子供向けですが、テストに出ないような日常会話のフレーズが出てくるので「あ、こう言うんだ!」という気づきがたくさんあります。
また、セリフを繰り返し言ってくれるので頭に入りやすいです。
ただ、イギリス英語なのでアメリカ英語を学びたいとか学校の試験に役立てたいという人にはそこが違和感あるかもしれません。

例えば、第三話で出てきた”I’ll put a plaster on it.”というフレーズは日本語訳すると「私がそこに絆創膏はるね」という感じのセリフなのですが、このPlaster=絆創膏はイギリス英語です。
アメリカ英語で言うと絆創膏はBand-AidやBandageという事が多いようです。
でも、絆創膏は日本でも絆創膏、バンドエイド、カットバン、キズバン、サビオなど色々呼び名がありますよね。
同じように英語圏でもアメリカ、イギリス、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドなど英語を話す国は沢山あるので国で違う単語は多くあります。
なので、自分の語彙を増やす意味でもイギリス英語を知っておくのもとても有用なことだと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Peppa Pig Stories 〜Picnic ピクニック〜 ほか [ (キッズ) ]
価格:2366円(税込、送料無料) (2020/4/29時点)

 

ちなみに、私は英語この二つのアニメを見るときにノートをとっていたりします。
といってもあくまでメモ程度で、気になる一文が出てきたらそれを写して下線を引いて品詞と意味を書くだけ。

こんな感じで。字が汚くてお恥ずかしい。
ネタバレ防止のため一文のみで失礼します。

文章で訳したりは基本的にしません。
ノートを見返すのも気が向けばたまーにやるって感じでそんなにキチンとはしていません。
次のページに行ったら全然別の話について書いているとかざらです。
自由帳感覚で、頑張らないでやるっていうのがテーマで書いています。
勉強したぞーっていう気持ちになるし、英語勉強してて「本当に成長してるのかな?」って不安になった時に以前の記録が残っていると安心するのでやっている感じです。

ドラマ編

アニメでそろそろ英語音声・英語字幕での視聴に慣れてきたぞって人とか、日本語字幕でもまずは意識して英語聞くことを始めようっていう人はドラマがオススメ。
もちろん映画でもいいんですけど、最初の方って結構疲れるので30分とかで区切りがあったほうがいいし総時間が長いので一つの作品にはまってしまえばたくさん英語に触れる時間が作れると思うからです。
もう本当に作品は何でもいいと思うんですけど、何が自分に合うかわからない!っていう人のために個人的なオススメを三本ほど紹介しようと思います。

一つ目は「フレンズ」です。
ドラマで英語学習といえばフレンズと言われるほど有名な作品で、友情や恋愛などの日常生活を舞台にした作品なので気軽に生活に取り入れられるフレーズがたくさん出てきます。
話のテンポもよく特にメインキャラの一人、ロスの英語はわかりやすいので聞き取りやすいかなと思います。
ただ、ドラマ・映画全般にいえることですがアニメよりもずいぶん速いスピードで話すので聞き流してしまうこともあるかなぁという印象です。
あとは少し古い作品なので若い方には馴染みにくかったり、最近のフレーズ(スマホ関係のフレーズとか?)は出てこないのでそこは弱点といえば弱点かも。

 

二つ目は「フルハウス」です。
これは日本でも繰り返し放送されているので、ご存知の方も多いと思います。
タナー家を中心とした家族関係や、友情、恋愛を描いた作品で、時には青年の飲酒などの社会問題も取り扱います。
常に登場人物の中に赤ちゃんまたは幼児から大人までが含まれているので色々な表現が出てきます。
たまーに日本が話に出てくることもあり、親しみやすい作品です。
こちらは「フラーハウス」という続編と合わせてNetflixで公開されていることもあり、新しい表現も学べるところが魅力です。

三つめは「ストレンジャーシングス」です。
こちらは最近の作品で、少年少女たちが邪悪な生物と戦うSFホラードラマです。
上記二つとはかなり経路が違い、若干怖い描写も含まれていますが少年たちの日常パートもたくさん含まれていますし、比較的見やすい作品かなと思います。
何より、近年かなりヒットした作品なのでネイティブと話すときに話題にしやすいというのもポイントが高いです。
案外英語で会話してみようと思ったとき難しいのが盛り上がれる話題を見つけることだと思うんですよね…相手が日本に興味がある場合はいいんですけど。
というわけで、こちらもNetflixで配信されていますしYoutubeに予告編もあるので、もしちょっと見てみてはまったなら是非最後まで見てみてほしいなと思います。
ただ、最近の作品ながら舞台は1980年代なので実は最近の機器なんかは出てこないので、そのあたりのフレーズは無いのがちょっと残念。

まとめ

ということで、以上が私の外出自粛中の学習法でした。
1つだけをやっても飽きてしまうし、それぞれ良いところと他の学習法で補うところがあるので上手に組み合わせて楽しんでいけたら良いと思います。
どれくらい頑張れるかとかストレスなく取り組める方法っていうのは各々違うと思うので、自分のペースで無理なくゆるくやっていきましょう。


スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大