【AU保育留学】どんなことを勉強するの?


オーストラリアでchildcareのcertificate3の資格の勉強をしたわけですが、学校ではどんな勉強をしたのかについて説明してみたいと思います。

オーストラリアならでは?文化や個性の尊重

オーストラリアは、移民が非常に多い国です。
だから、チャイルドケアでも沢山の背景をもったの子供や保護者、先生方と接することになります。
その中にはベジタリアンの人や宗教的な理由で常に帽子や被り物を身に着けている人、英語が苦手な人などもいるのです。
なので、差別を防いだり、個性や信仰の尊重をするようなアクティビティを組んだりするためにはどうしたらいいのかということを勉強しました。
例えば普段から自分の国のことについて積極的に話すようにうながしたり、旧正月などのイベント時にはオーナメントの飾りつけを行ったりして文化の違いを知るきっかけづくりをすることなどがあげられます。
また、踊りや鏡を使った活動を通して肌の色や瞳の色などの違いについて低い年齢から肯定的に気づかせ偏見を持たないような価値観づくりを支援することも大切だと教わりました。

こんなことまで?学ぶ分野は意外に広い

オーストラリアのチャイルドケアの資格は日本の保育士資格と同じように0歳から面倒を見ることができます。
そのため、ミルクや離乳食づくりについてはもちろん、栄養素についてや薬の投与について、おむつ替えなどの子供のお世話に欠かせない内容は人形を使った模擬実習などを通してしっかり学んでいきます。
ここで使う人形も人種が様々。現場に行く前から色々な背景をもつ子どもを相手にすることを意識させられます。

私が驚いたのは、オーストラリアではそこそこ大きな保育園でも先生が給食やおやつを作ることが多いです。
なので、授業でもメニュー作りから計画し、調理実習を行ったことがありました。
そこで大変なのが、メニューの個別対応の多さ
ベジタリアン、グルテンフリー、アレルギー対応、イスラム教徒の子への配慮はもちろん「まだ食べたことがないのであげないでほしい」などへの対応…。
これらは間違えると取り返しがつかないので本当に気を付けなければなりません。
しかも、文化や国籍の違いから食事への興味は本当に各家庭で違ってきます。
保護者や本人と話し合い、それぞれの家庭の考え方を学ぶことも必要になってきます。

また、家庭を知ることは虐待にいち早く気づくことにもつながります。
オーストラリアでは子供の権利に非常に敏感で、小さい子供だけで家に留守番させたり、子供だけで外を出歩いたりということは法律違反です。
なのでベビーシッターや保育園、学童保育などの需要が高いんですね。
小学校にはいってからの年齢もこれに該当するので保護者にとっては少々大変かもしれません。
しかし移民の多さから保護者がトラウマや鬱に悩まされるケースも想定して多くの大人が子供に関わるようにして問題にはやく気付けたり、子供が相談できる環境づくりを行うことは大切なことです。

個人的に大変だったのはオーストラリアと先住民の歴史についても学ばなけらばならなかったところです。
しかもローカルの生徒がほとんどのクラスだったので知っている前提である事が多く、最初の課題の年表づくりで必死に知識をつけておかないと、ディスカッションの授業でついていくのが大変でした。
けれどこれは後々実際の保育現場に行っても重視されていることだとわかるので、オーストラリアで保育をする以上知っておかなければならないことです。

任せられることは外部へお任せ!

日本では保育士や幼稚園の先生はピアノを弾いたり歌を歌ったりしているイメージが強いですが、オーストラリアでチャイルドケアをするには必要がありません。
その代わり、園によって様々でしょうが外部の講師を呼んで音楽や体育の時間を任せることがあります。
日本でも小学校では音楽や図工の専任の先生がいらっしゃる場合がありますよね?そんなイメージです。
活動時間は決まった曜日に行われることが多く、日常的に時間をとられるケースは少ないのでどちらがいいというのかは難しいですが、私個人の意見としてはこれもありだなと思いました。
専門の先生が担当されることで、活動の質が上がるし子供の意識も切り替えやすいです。
また、先生にとってもそこに割く時間を他の活動や子供の観察に使うことができるので負担が減ります。
なので子供にとっても先生にとっても利点があるなと感じました。

まとめ

教育系の資格は持っているものの、保育についてしっかり学ぶのは初めてだったので日本との違いについてはっきりわかるわけではありませんが個を重視した対応という意識が非常に強いように感じました。
これは普通に生活するにあたっても重視しなければいけない点だと思うので保育ということだけに留まらず、有意義な勉強だったと思います。
日本でも今後、色々な背景をもった子供が増えていくと思うのでこういった対応の仕方を取り入れていくことも必要かもしれません。


【AU留学/ワーホリ】オーストラリアへのお金の持って行き方

オーストラリアへ留学やワーホリでの渡航を考えている方、お金をどうやって持けばいいのか悩んではいませんか?
特にこれらのビザでは現地での就労が可能なため、持っていく金額も悩むもの。
そこで、調べたり現地でほかの人に聞いた方法についてまとめてみたいと思います。

クレジットカードを持っていく方法

クレジットカードはもちろん海外で使用することができる上、航空券などの購入に利用することで90日間の保険が効くことがあります。(※条件はカードによって異なります。)
また、本人確認の一部としても有効な場合がありますので是非一枚は持っていきたいですね。
もしまだ退職していなくてクレジットカードを一枚も持っていない場合には年会費無料のカードで十分ですので一枚作っておくと便利かと思います。
オーストラリアはカード文化なので、小さな食堂のような場所でもクレジットカードが使える場合が多いです。
デメリットは現金を手に入れるためにはキャッシングをする必要があるということ。これは手数料がかかりますし、カードの契約情報を確認しておかないと返済の際に高額な金利がかかってくる場合もあるので注意が必要です。
家探しの際にレント(家賃)やボンド(敷金)などで現金が必要になってくる場合もあるので、他の手段と組み合わせての利用をお勧めします。

海外用プリペイドカードを持っていく方法

海外用プリペイドカードとはキャッシュパスポートやマネパカードなどのことです。
銀行から専用口座に振り込んであらかじめ使いたい国のお金に両替してチャージしておくことでデビットカードなどのように使用できます。
そのため、レートが良い時にまとめて両替しておくことができるという利点があります。
また、クレジットカードよりも比較的簡単に作ることができるので未成年や退職済みの方でも作ることができます。
ATMから現金を引き出すことも可能なので便利です。
デメリットは専用口座に振り込む必要がある為、渡航後に残高を増やすためにはネットバンキングをしたり信用できる方にお願いしておく必要があるなど少し手間がかかります。
また、ATMで現金を引き出す際にはATM利用の手数料がかかります。

現地の口座を作った後に海外送金をする方法

あらかじめインターネットバンキングとトランスファーワイズなどの海外送金の手続きを行っておくと、現地で口座を作成した後に日本の口座から送金することが可能です。
トランスファーワイズは手数料が少なくおすすめの海外送金の手段です。
ただし、海外送金をするためにはマイナンバーの登録や郵便物による住所確認などが事前に必要になってくるのでしっかり手続きをしたうえで渡航しましょう。
またこちらの手段をとる場合には日数を要しますので注意が必要です。

余談ですが、オーストラリアは定期預金の金利が非常に良いので日本に預金を眠らせておくよりも利子をたくさん稼げる場合も。
しかしいずれ日本円に戻す前提の場合レートの影響をモロに受けるのでリスクが高くなります。

現金で持参して両替を行う方法

オーストラリアで出会った人で、現金で100万持参して現地で両替をしたという強者に出会ったことがあります。
これはすこし極端な例ですが、保険として多めに現金を持参するというのはありだと思います。
むこうについてからカードが使えない…と真っ青になっているひとに遭遇したこともありますので…。
デメリットは現金の両替は手数料がとられることと、万が一盗難にあった際カードなら止めればすみますが現金はそうはいきません。
また、両替ショップも場所によってレートが違いますのでよく確認してから行いましょう。

最後に

それぞれの方法に良い点と悪い点があります。
一つの方法に頼ると、万が一失くしてしまったり使えなかったときに大きな問題となりますので複数の方法を分けて使うことをおすすめします。
ちなみに私は、海外用プリペイドカードをメインにクレジットカード、現金も併用しました。
そして、現地で財布と共に海外用プリペイドカードを失くしてしまいました…。。。
ただ、その際もスマホからすぐにカード機能をストップすることができたのでとても助かりました。
そういった非常時の対応方法を考えておくことも大事なポイントの一つなんだな…と身に沁みました…。。。


【留学】エージェントを使うか?どう選ぶか?

留学を考え出したはいいものの、右も左もわからない。
行きたい学校が見えてきたものの、英語で直接やりとりするのは心細い。
そんな時に頼りになるのはエージェント。
しかし、時に分かっていないのをいいことに手数料や手配料をとられて結局高くついた…なんてこともよく聞きます。
安心はプライスレス、何かあってからでは遅いのは確かですが実際何の手助けが必要で何が自分でできることなのか。
フィリピン、オーストラリアに留学した私なりの意見をまとめてみました。

とにかくエージェントに聞いてみよう

私は比較的慎重に物事を選ぶビビリな質なので、まずは学校情報を様々なエージェントのHPを使って調べ上げました。
そして、学校選びに関する相談を複数(4~5社だったかな?)にメールしました。
ここで大切なことはある程度自分の希望の方向性を定めておくことです。
例えば、希望の都市(複数から絞れなくても大丈夫)、入学希望の時期、予算など。
なぜかというと。
最初からなんとなくで聞くとエージェントも沢山の学校の情報があるのでどれがおすすめの学校かというのを適切に言えない。
また、エージェントも商売なのでバック率が高い学校をすすめられてしまうということもあったりするんだとか。
逆に、希望がはっきりしているとそのエリアや学びたいことに関して詳しい担当の方に最初から当ててもらえたりします。
資格を取るんでなくても、例えば基礎からしっかり勉強したい、文法についてもちゃんと学べる学校がいいとか、スピーキングに力を入れている学校がいいなどとりあえずの目標で大丈夫です。
そして、やり取りを重ねていくうちにこの人の対応はいいな、とか見積もりを要求しても面倒くさがらず出してくれるとか違いが見えてくると思います。
とにかく、学校の情報をたくさん教えてもらいましょう。
基本的にはここまでのやり取りは無料で行ってくれるエージェントがほとんどのはずなので、ガンガン色々なエージェントに問い合わせてみて良いと思います。

エージェントの選び方

私はフィリピン留学ではフィルイングリッシュさん、オーストラリア留学ではTime studyさんにお世話になりました。
どうしてそのエージェントを選んだか。
一番のポイントは無料だったからそして担当の方の対応が親身だったから。
携帯や家の手配、空港ピックアップなども押し付けられることがなく、基本料金も無料。
(空港ピックアップはフィリピンでは利用しましたが、断っても大丈夫ですよーというスタンスでした)
学校の手配をお願いしたのでビザの手配も無料で行っていただきました。
なので、エージェントさんに支払ったお金は1円もありません。
しかも、私は結構問題児でフィリピン留学の際はメニエール病の病状から3度の渡航延期、そして1か月の延長した際にはクレジットカード限度額の問題から帰国まで学費の立て替えしていただきました。
オーストラリア留学の際は紹介された学校の中ではなく自分で調べた学校への手配をお願いしたり、ぎりっぎりまで学生ビザが下りなくてオリエンテーションに参加できなかったり。
本当に頭が上がりません。
※たまたま担当の方がラッキーだったから助かったというだけで必ず対応してもらえるというわけではありません!
ということで、私の経験から言えば無料エージェントでも全く問題ありません。
学校に直接申し込んだ方や有料エージェントを利用した方、公式の学費と金額を比較したりもしましたが多くとられているということは全くありませんでした。

有料サービスは必要か?

あくまで私の価値観で言わせてもらうなら、ほぼ必要ありません。
携帯の契約なんて、フィリピン、オーストラリア共にプリペイド式のSimがとても一般的でスーパーマーケットや路面にある携帯ショップに行けば英語力が乏しくても購入できます。
家の手配についてはフィリピンは基本的に寮付きが主流なのでおいておくとして、オーストラリアでもある程度大きな都市ならまず心配ないでしょう。
日本語情報サイトに日本人がいる家の募集が山ほど出ていますし、中には日本人オーナーの家も。
中学英語程度できるのならばgumtreeなどで日本人以外の家を探すことも十分可能です。
1週間から10日程度バックパッカーなどをとっておけば見つけられるでしょう。

ただ、もしホームステイをしてみたいのならば話は違うと思います。
手配料はかかりますが、現地の方の生活に入っていくのでルールなどの確認もきちんとしたほうが良いし当たりはずれもあるようなので万が一の時に相談できる人がいたほうが良いと思います。

それと、空港ピックアップに関しても海外慣れしていないのであればフィリピンの場合は治安の面からお願いしたほうが無難なのではないかなと思います。
空港ターミナル移動にタクシーをつかっただけで2000ペソ(4000~5000円程)とられたという話も先生から聞きました。
逆にオーストラリアならばよっぽど空港からアクセスしにくい場所でない限り自力でもたどり着けるかと思います。

最後に

どの程度エージェントに頼るのかはそれぞれの価値観や英語力、年齢や海外経験の有無などによっても様々だと思います。
初めて行く国では誰しも不安を感じるものなので、安心のためにもエージェントを使うことはおすすめです。
しかし、自分の力で挑戦してみることも貴重な経験となります。
ひとまず、話を聞いてみるだけならタダなので情報収集の手段として、相談相手として上手にエージェントと付き合うことで充実した留学につながると思います。


【AU保育留学】メルボルンを選んだ理由

留学すると決めたはいいものの、どこの国でどこの都市に留学すればいいのか迷う方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
私はものすごーく迷いました。
たぶん、よっぽどのことがない限りどこを選んでもそこそこ努力すれば楽しむことができるのではないかと思いますが、私の場合はどのように選んだのかを書いてみたいと思います。

どこの国?

留学だけで考えている場合、英語圏の様々な国が選択肢としてあがってくるかと思います。
ただ、留学後に働いてみたいなと考えている場合、そして18~20代の方にはオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランドが英語圏でワーキングホリデービザを備えているので比較的容易に計画が立てられると思います。
私はカナダかオーストラリアへ行きたいという思いが強くあったので、その二か国に絞って考えていました。
カナダを考えていた理由はアメリカンイングリッシュであることとアメリカにも旅行しやすい場所であること。日本での教育も、フィリピンの英語も基本はアメリカンイングリッシュなのでなじみやすいと思っていたからです。マイナス要素だったのは日本との時差がかかり、航空券も高いこと。
オーストラリアを考えていた理由はほかの国と比べてもワーキングホリデービザの発給が日本人にとっては簡単であること、航空券が安く時差も少ないので日本との行き来や連絡が簡単であること、時給が高額であること。逆にマイナスだったのは英語になまりがあると聞くこと、紫外線が強いこと、物価が高いこと。
長く住むと大事だろう気候はどちらも大きな国なので都市によってくるということで国を選ぶ段階ではあまり考えていませんでした。
最終的に私にとって決定打になったのは資格について。
オーストラリアで保育の資格を取った場合、基本的にはどこの州でも使うことができます。また、一番基礎のCertificate 3でもすべての年齢をケアすることが可能です。
カナダの保育の資格は、州ごとで決まっており移動して使いたい場合書き換えが必要になってきます。そして基礎的なECEA(Early Childhood Educator Assistant)やその上位資格ECE(Early Childhood Educator)では3歳未満の子供を教育することができず、更新も必要です。
卒業後、ワーキングホリデービザで働くことを考えた場合、移動することも考えられますし私は3歳以下の保育にもとても興味があったのでオーストラリアに行くことを決意しました。

どこの都市?

オーストラリアの都市といえばシドニー、メルボルン、キャンベラ、ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ、パースあたりになるでしょうか。
しかしそもそもの情報量が少ない保育留学、しかもCertificate 3 単体のコースはさらに少なくなるらしく私はエージェントとインターネットを駆使してなんとかシドニー、メルボルン、ゴールドコースト、ケアンズの学校の情報を集めました。
見知らぬ地に行くのにどこの都市がいいのか決めるのはなかなか簡単ではなくて、考えて考えて…。。。
ケアンズは暑いから嫌だな、アルバイトをするなら大きい都市がいいな、じゃあシドニーかメルボルンかな…。でもシドニーのTAFEに必要なIELTSスコアは少し高めだし、経験談を見ると留学生クラスがあるくらい人数が多いみたいだなぁ…。。。
なにより、家賃が高い!無理!!
よしっメルボルンにしよう!!
アートが有名だし!バスキングも見てみたいし!!
という感じで勢いとフィーリングで決定したのでした。
私立の学校も最後まで迷ったのですが、カナダを調べていた時にこの学校いいな、と思っていた学校が急につぶれてしまい…留学中に露頭には迷いたくない!!というのと留学生比率でTAFEを選ぶことにしました。

さいごに

結局、どこの都市にするのがいいのかということに答えはありません。
学校運営と先生さえしっかりしていれば、その期にどんな生徒が来るのか、どんな生活になるのかというのはすべて運と自分次第になってしまうのでそこは選びようがありません。
ある程度の要素を絞って情報を集めた上でならどこを気に入ったかで選んでよいと私は思います。
滞在中シドニーへ旅行もしましたが、私はメルボルンのほうが肌に合うかな…シティ中心部が苦手なだけかもしれませんが。


【AU保育留学】どの学校がいいの?

留学するときに一番悩むのはどこの学校がいいのかということだと思います。
簡単に見学には行けないし、体験談なども圧倒的に少ない。
エージェントでも語学学校以外には詳しくないところが多いようです。
また、何度も行くところでもないので自分自身ほかの学校とどっちがよかったのかはわかりません。
なので正直手助けになるような記事ではないかもしれませんが、自分の体験談を共有することで今後留学を考えている方の一つの判断材料にしていただければと思い書き出していきたいと思います。

学校の種類

オーストラリアで保育の資格が取れる学校には大きく三種類あります。
一つは私立の専門学校。
二つ目はTAFEという州立の専門学校。
三つ目は大学。
これらの違いをざっくり主観でいうと、私立の専門学校は基本的に留学生がほとんどでTAFEはローカルの生徒が多めという印象。
ただ、TAFEは学校によるところが大きいです。
大都市では生徒数が多いので必然的に留学生も多くなりそれ専用のクラス編成になる場合もあるのだとか。
なのでローカルの生徒に混ざって勉強したいのであれば、留学生向けに宣伝をあまりしていない学校を選んだり地方を選ぶことも一つの手かもしれません。
まぁ、学校全体でいえばどのTAFEも永住権を持っている方にはとても安価でコースを開講しているという側面があるので学校全体としては移住してきた方や様々な方いらっしゃることが多いと思います。
なので、学校でのアクティビティに参加するのであれば交流の機会はあるのではないかと思います。

私が感じたメリット

大きなメリットとしては州立の学校として整備されているだけあって講師や設備の質はとても高かったと私は感じました。
先生方は基本的に実務経験が豊富で、TAFE自体の信頼度もあるため実習場所との関係も良好だったと思います。
実際、私は実習中にトラブルがあって実習先と自分のTAFE、他の実習生の大学と連絡を取り合っていただく場面があったのですが、非常に迅速に親身になって対応してくださり心強かったです。
先述の通り留学生クラスになる場合もあるので(それも大いにメリットになると思いますが)私の場合ですが、実際に地元で生まれ育ったり、その地で子育てしている方と出会えたことは貴重な体験でした。
オーストラリアでのリアルな保育環境が保護者目線、保育者目線の両方から見ることが出来る機会はそうそうないと思います。
更に、幸運なことに地元の施設で行われた子供向けイベントにグループごとに出展させていただく機会もありました。
実習以外の時間はほぼ理論について学ぶだけになるし、クラスメイトと計画から実践までできたことはとても勉強になりました。

デメリットは?

もちろん、デメリットもあります。
一つは、多くの場合TAFEのキャンパスは郊外にあるということです。
私の学校の場合、留学生サポートなどの部門はシティのキャンパスにもありましたが、授業を受けるところはシティから30分ほど電車で行ったところ。
どの程度アルバイトするのか次第ですが、シティの私立専門学校のほうが両立はしやすいと思います。
郊外でも求人はあるので家や学校の近くで働くところが見つかればよいのですが、見つけやすいのは圧倒的にシティです。
私はなるべく支出を抑えたかったのでアルバイトに行くときの交通費が結構痛かったです。
ただ、郊外に住んでいたからこそ家賃が安くシェア人数が少なくて勉強しやすい環境で生活できたので一概にデメリットとも言えないのですが。
また、私の学校は留学生が少ないため先生方がビザなどの面で把握しきれていない部分があり、留学生部署と専攻の部署に自分で英語で連絡を取って確認して約束を取り付けて面談して報告して…ということがあり少し苦労しました。
学習面のサポートも一応あるのですが授業とかぶっていたり課題の締め切りが膨大で活用しきれなかったです。
こういう時、せめてほかに一人でも留学生がいたら相談できたのにな…と孤独を感じました。
まぁ自分で留学生が少ない学校を選んだので仕方ないですし、少しは逞しくなったと思います。

まとめ

結論としては、TAFEで勉強できたことはすごく良い経験になったと思います。
だけどもし次にDiplomaやほかの分野で留学する機会があるとすれば、留学生の多い学校を選んでみたいなとも思っています。
様々な国の保育の話や、色々な背景のある方々の話を聞いてみたいと思うし、卒業ビザを取るならば情報共有できる仲間がいれば心強いと思うので。
でもまずは、どうにかCertificate 3 を活かして実際に働いてみたいです。
…そのCertificate、いまだに届いていないんですけどね。
問い合わせないと…気が重いなぁ。


スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大